CROWN"CROSSOVER"(2022年)【トヨタ】のリアシート
 
後席角度  中央浮き  サイド浮き シートベルト
バックル
24°
※背面中央部辺り,アプリでの測定値。参考程度とご理解ください
※きついバケット状だと中央が収まらない場合がある
※平板すぎる座席背面だとサイドが浮いたように感じられる
※底部の幅がシートベルトの留め金と干渉しないか

クラウン クロスオーバー
 

クラウン クロスオーバーCROWN CROSSOVER(2022年)【トヨタ】の後部座席

室内長×室内幅×室内高:1980×1540×1170(mm)
【※なお参考値】
:ハリアー (2021):1880×1520×1215(mm)
:旧ハリアー(2017):1965×1480×1220(mm)
:RAV4  (2019):1890×1515×1230(mm)

リクライニング機能はなくリクライニング角も24°と角度はあまり寝ていない印象ですが、
クッション性は高く、沈みこみが大きいのでかなりリラックスはできます。

なお、リアシートが充実する[CROSSOVER RS Advanced]のメーカーパッケージオプションをつけ、リクライニング機能の追加が可能です。
こちら、実物も拝見しましたが、5°くらいのリクライニングがプラスされる様子でした。
ただこのオプション、結構高額になりそうなので、つけられる車両はかなり限られてきそうな気がします。

メーカーパッケージオプションで対応可能

室内空間ですが、大人4人でかなり快適に過ごせる室内空間といえます。
子供の着替えなども快適にできるくらいの天井高と、前後の余裕をとることができると思います。

よりリラックスできるようにリクライニングクッション「モトリア」を利用することをお勧めできます。
想定の角度は31°ほどになり、かなりリラックスできるリクライニング角度になります。
マッチング的には問題なく使用できます。
※2022/10現在 モトリアの再生産、再販売に向け始動中ですので、続報をお待ちください。 


クラウン クロスオーバー ひざ前

※ひざ前空間も、握りこぶし3つ以上は入りそうで、かなり広かったです。
担当の方によると先代のクラウンよりかなり、後部座席が広くなっているとのことでした。


クラウン クロスオーバー 室内  

クラウン クロスオーバー 外観
 
※参考「RAV4の後部座席 角度32°」の記事へリンクします
RAV4 後部座席 角度

※参考「ライズ(トヨタ)の後部座席 角度26°」の記事へリンク
RAV4 後部座席 角度

※参考「CX-5(2018)の後部座席 角度28°」の記事へリンク
CX-5(2017年)【マツダ】の後部座席 角度

 

『モトリア』使い方動画