RAV4(2019年)【トヨタ】の後部座席
 
後席最大角度  中央浮き  サイド浮き シートベルト
バックル
32°
※背面中央部辺り,アプリでの測定値。参考程度とご理解ください
※きついバケット状だと中央が収まらない場合がある
※平板すぎる座席背面だとサイドが浮いたように感じられる
※底部の幅がシートベルトの留め金と干渉しないか

ラブ4 後部座席 商品なし

RAV4(2019年)【トヨタ】の後部座席
(室内長×室内幅×室内高:1890×1515×1230mm)

リクライニング機能はあるが2段階しかなく、リクライニングした状態でも角度が足りないと感じれらる方も多いのではないかと思われます。

実際、ハリアーくらいはリクライニングするのではと思い、試してみましたが、体感としては大きな違いを感じました。

国内専用のハリアーは、リクライニングすることを望まれている人の多い日本国内の声をくみ取って、代々後部座席がリラックスできるようにリクライニング角度が大きくとれるようになっていると考えられます。

対して、このRAV4は、欧米を主販売先とするので、特にヨーロッパでの高速運転時に背もたれが起きた状態で過ごすことが普通とされる国の人々に通用すれば良いという考えで、ハリアーに比べると後部座席のリクライニング機能のコストダウンが見て取れます。
RAV4  後部座席 イメージ モトリア RAV4 後部座席

ということで、後部座席の空間(頭上・足元)は十分広いけれど、リクライニング角度が足りない。そういった場合にリクライニング用クッションを活用することができると思います。

購入してみたが、ハリアーやその他国内SUVくらいのリクライニングを勝手に期待していて、がっかりしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

RAV4はDセグメントのSUVとなりますが、室内高、幅もあり、ボックス型に近いこともありますので、かなり広く感じます。
大人4人でも快適に過ごせる室内空間といえますので、小学生以上のお子様でも、お母さんと共に大変快適に過ごせる後部座席の広さといえると思います。

RAV4(2019年)【トヨタ】の後部座席 RAV4(2019年)【トヨタ】の後部座席

よりリラックスできるようにリクライニングクッション「モトリア」を利用することをお勧めできます。
想定の角度は39°ほどになり、ハリアーやRXと近いリクライニング角度になります。

マッチングは、表のとおりちょうど良い収まりとなります。  




※参考「新型CX-5(2018)の後部座席 角度28°」の記事へリンク
CX-5(2017年)【マツダ】の後部座席 角度


※参考「ハリアー(2017)の後部座席 角度39°」の記事へリンク
ハリアー(2017)の後部座席 角度39°

 

『モトリア』お子様の使用方法動画

 




 












  【対応車種一覧の記事】 リアシート画像・角度計測情報