プリウス(2017年)【トヨタ】の後部座席
 
後席角度  中央浮き  サイド浮き シートベルト
バックル
22°
※中央が浮かないか。きついバケット状だと浮くことがある
※平板すぎる座席背面だと、サイド張出部の支えがなく浮いたように感じられる
※底部の幅がシートベルトの留め金と干渉せず正しくシートベルトができるか

 プリウス(2017年)【トヨタ】の後部座席


プリウス(2017年)【トヨタ】の後部座席
(室内長×室内幅×室内高:2110×1490×1195mm)
なお、先代のプリウスは(1905×1470×1225mm)


リクライニング機能はなく、リクライニングの角度が足りないと感じれらる方も多いのではないかと思われます。

プリウスは先代に比べても広くなったと感じますので、子育てに使っていらっしゃる方もおおいでしょう。
お子様が6歳以上になり、ブースター型のジュニアシートでは窮屈に感じることも多くなってくるのではないでしょうか。

後部座席の前後の空間・足元は十分広いと思うけれど、リクライニング角度が足りない。そういった場合にリクライニング用クッションを活用することができると思います。

高齢な方にも愛用されているプリウスですが、高齢となった母親の送迎に使うような場面も多いのではないでしょうか。
プリウスのリアシートのクッション、先代より良くなったようには感じますが、前席と比べるとまだ硬さを感じます。

リクライニングクッション「モトリア」も柔らかいクッションではありませんが、底つき感のあるシートに利用することでクッション性がアップします。また、角度の立ったシートより背筋が伸びるように感じるというお声もたくさん頂戴しておりますので、腰の弱い女性にも一度試してみていただきたいと思います。

トヨタプリウスで、よりリラックスできるようにリクライニングクッション「モトリア」を利用することをお勧めできます。

マッチングは、表のとおりちょうど良い収まりとなります。

 
プリウス(2017年)後部座席



 

『モトリア』使い方動画